マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
よくある質問 アクセス・地図 お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 banner_course17a

フィールドクリエイター紹介

riji_top

 

マイセラ・ジャパン理事長  福田京子

フィールドクリエイター 福田京子

マインドフルネスセラピーは考える脳よりも感じる脳に働きかけます。

私達は日常の様々な問題を抱えておりますが、その問題に対して考えるだけではなく、感じていく・・・つまり感性で対応していくようにサポートします。

ひとりでなんとか解決しようと思ってもうまくいかないことが多いのですが、フィールドクリエイターとともにマインドフルネスをとおして自分の内面を探求していきますと、幼い頃からの信じ込みや思いこみに気づいていくことができます。

自分のこころと向き合ってもらったことのない方は、必要な自己信頼感にもとづく体験を充分に得られていないことが多いのですが、マインドフルネスワークを続けていかれることで取り戻していくことが可能です。

私はネガティブな感覚の「嫌だ・・・」の下にある怒りを自己信頼につながる感情として大切にしています。セラピーで丹念にそのネガティブな感覚を紐といていきますと、人間の存在という本質にいきつきます。目には見えないけれど、「人として生きることは何か・・・」というとても大切なことに結びついていくのです。そしてそれは自分自身への信頼につながっていく・・・という実感を持っています。


会誌 こころにララ 掲載

お金のワーク

生きる力2017-2

自発的に生きる

感情と反応ー気が落ちるー

あきらめを明らめる

苦しみや災難は魂をみがく2016-1-15

セッション記録2015-6

『人と関わる』ということ 

福田京子ー依存と自立ー

怒りの中心には

略歴

1942年 栃木県出身 埼玉大学教育学部卒業 3年間教鞭をとる。22才の時に実母を亡くす。 旧家に嫁ぎ、35年間の嫁時代を過ごす。3人の子育てを経て現在は3人の孫がいる。

2008年に手塚郁恵と出会い、マインドフルネスセラピーを学ぶ。手塚郁恵主催のトレーニングコース、マイセラベーシックコース、マイセラアクティブコースを終了。プラクティカルトレーニングを経て現在フィールドクリエイターとして活動している。マイセラ・ジャパンでは個人セッションとフィールドクリエイタ―ベーシックコースを担当。執筆活動も行っている。

2015年6月にオープンした東京銀座にあるオルソクリニック銀座にてマインドフルネスセラピーを担当。2017年3月より川崎市溝の口にあるいずみ医院にて

マインドフルネス体験会とセラピーを行っている。(予約制)

 

riji_bottom

 

 

フィールドクリエイター 嶋貫ゆり

フィールドクリエイター 嶋貫ゆり

真実の自分を生きるには、自分の内側から目を背けたままではいられません。

長い間、見ないで隠して続けてきた自分の内面をみることは、ときとして大きな恐れを伴います。

けれども、逃げずにしっかりとそこにとどまったとき、思いもかけない素敵なたからものが見つかります。

それは、ずっとあなたの中にあり、あなたが見つけてくれるのを待っています。

あなたとあなたの真実との出会い、その現場に立ち会わせていただくことは、私にとって大きな歓びです。


おき去りにした悲しみをひろう2016-11

ワークの記録2016-6

略歴

長く書籍の編集の仕事に携わる。

2010年に人生の大きな転機を迎え、自分の内面を探る旅を始める。

様々なセラピーを受けるかたわら、ヒーリング、カウンセリングを学ぶ。

トランスパーソナル心理学に興味をもち、フォーカシング、ハコミセラピー、プロセスワークなどのワークショップ体験を重ねる。

2012年にマイセラと出会い、2013年ベーシックコース修了、2014年3月アクティブコース修了。

 

 

フィールドクリエイター 篠田信暁

フィールドクリエイター 篠田信暁

「あの人さえ居なければ自分の人生上手くいったのに」
「あれさえなければ自分は幸せになれたのに」
と思ったことはないですか。

こんなこと思った人は多いのではないかと思います。
このように感じたとき、自分を責めたり、他人を責めたりする気持ちが出たりします。

でも少しこのときの気持ちに寄り添ってください。
そうすると胸が締め付けられるような感覚、お腹が痛いような感覚が出たりします。
その感覚が、上記の原因となりうることが多々あります。

それをマインドフルネスになり感じてみたとき、良い感じが出てスッキリする人もいれば、もっと深いところの気付きと出会いより苦しくなってしまう人もいます。

でも苦しさが、自分を守ってくれていたものでもあります。

このときに大事なのは、
「この気持ちを追い出さない」
「逃げない」
ということです。

しかし、人間です。
逃げたくなったり、どうしようもなくなったりするでしょう。

こんなときこそ我々を頼ってください。
そのために我々は居ます。

自分を大事にしてください。

そして、自分の人生まだまだ捨てたものじゃないと思えるように、ご自身の未知なるものの宝を一緒に探していきましょう。

 

ベーシック1での出来事


略歴

サラリーマンを経て5回程転職した後、40歳手前で4 年生の専門学校(夜間)に入り、現在大阪の病院で仕事をしている。

転職を繰り返す間、経営者に騙されたり、信頼していた人から裏切られたりと色々あった。
30代半ばより生き辛さを感じだし、心理学の本を読み出す。

様々な本の中で「自分を大切にすること」イコール「自分に優しくする」ということが書かれており、「自分に優しくするってどういうこと?」と悩んでるときに、2012年マイセラと出会う。

それから半年後の2013年ベーシックコース1を受講し始め、2015年3月にアクティブコースを修了する。

現在は月1回のペースで大阪からマイセラに通い、ベーシックまたはアクティブコースでのサポートを行っている。



トップページへ
ページ上部へ