マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

今まで人を敵だと思っていた・・・2016.09.12

ベーシックコース

A君はマインドフルネスのシェアで、目玉が動いて目を閉じることが苦痛だと言うので、目に手を当て、その苦痛にとどまってもらいました。

A「安心を感じている・・・今、初対面の人に目や身体に触れられているのに、少しも不安がない。むしろ、大切にされている感じがして、嬉しい・・・安心の幕に包まれている。自分には不安と安心の両方の気持ちがあることに驚いている。今までは、人を敵だと思うほうにばかり意識が向いていた・・・

今人に触れられて嬉しい気持ち、安心感に身をゆだねていると、思い出したことがある。かつて、自分の気持ちを一切聞き入れてもらえないで、一方的に相手の言う事に従わなければならない、辛い体験をした。

今こうして安心の中に身を置いていると、自分の心の根底に人への恐怖感があることがよくわかった。その時の怖さをわかってもらい、自分自身でもこんなに恐ろしいとおもっていたことが身体を通して感じられた。これでは人を敵対視しても無理ないことだ・・・今、この怖さから解放されている。今はもう、あの時とは違う。人を敵だと思わなくても大丈夫なんだ・・・

いま人に触れられて嬉しい感じを味わっている・・・

久しぶりにホットしている・・・」

 

フィールドクリエイターより

A君は人との恐ろしい体験がトラウマとなって、人への恐怖。ひいては敵対心になっていたことに気づいていきました。安心のなかに浸っているなかから、自分の感覚として人への信頼をとりもどしていかれました。これから少しずつ人への恐怖が薄らいでいくことでしょう。

                フィールドクリエイター 福田京子





トップページへ
ページ上部へ