マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

「いのち」との出会い2016.12.16

info_eyecatch_pl

 

幼いころから父親の怒る姿を見、おそろしい罵声をあび、怖いとおどおどすれば、びくびくするな!と叱られて育ってきた。感じないようにして大学までは卒業したが、それから先、体が凍り付いたように動かなくなった。

今、個人セッションを5回連続で受けている。胸から首筋から頭までがちがちに固まっている。頭に手を当てると胸が苦しくなったり、感覚が遠のいたり・・・その間をぬって一瞬怖さがお腹から登ってくるのを、感じようとすると胸が苦しくなってくる。頭と胸の苦しさが交互にやってくる・・・

 

びくびくがおさまらない。目が落ち着きなく動く。

苦しいところに手を当てていく

仰向けで後頭部に手を当てながら、動く目を見ているとき、私の内側から熱いものがこみあげてきた。

なんというC君の「いのち」の強さだろうか。

怖さの極限にちかい状態にありながらC君はこうして生き抜いている。

言葉で表現しきれないほどの愛おしさに包まれた瞬間があった。

しばらくしてC君は、自分でお腹に手を当てて、まわすような手つきをしながらボソボソと「ここに、グルグルと渦を巻いているようなものを感じます。いかりかと思っていたけれど、とても気持ちのいいものです。」というではありませんか。

私は思わずお腹に寄り添い、「いのちさん!C君を守ってくださってありがとう!!」と声かけをしました。この瞬間は二人にとって何とも感動的でした。

C君の表情がはっきりと変化しました。目に優しさが漂っています。輝きも見えます。全体に嬉しそうです。小さく何度もうなづいているのです。

C君は自分の「いのち」に出会えたのです。グルグル渦巻いてここに居るよとサインを送ってくれたのでした。

               フィールドクリエイター 福田京子





トップページへ
ページ上部へ