マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

本音が言える自分2017.04.26

info_eyecatch_pl

 ある会合に出席していたら、胸が苦しくなり、じっとしていられないことでワークが始まりました。Aさんは自分がひどくおとっている気がする。自分が何か言うとすぐ、反論してくる人のことが、思い出され、どうしていいかわかんない、こわい感じがする・・・最近の会合だけでなく、以前親戚との集まりのことも思い出してきました。

Aさんはぽつりぽつり話をしているうち、「心(本音)が通じ合わないところに身を置いているのが辛い」ということに気付きました。この辛さは体が覚えている感じで、ワークを受け続けてきた今、もう、この辛さのままで居るのが嫌なのだと身体ははっきり言っている気がする、といいます。「私は本音が言える機会を待っている。そういう人間関係を望んでいる。探せば必ずめぐりあえる。そのためにいろんな人と接していこうとしている・・・Aさんは古い衣服から新しい衣服に着替えようとしているのでしょう。本音がいえない辛さをあきらめていた自分から、本音が言える自分になろうと「いのち」が動き始めているという事でしょう。ネガティブな感覚は常に大切なことを自分に教えてくれているのです。

                 フィールドクリエイター 福田 京子

 

 





トップページへ
ページ上部へ