マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

頑張り屋のわたし2017.05.09

info_eyecatch_pl

Aさんは幼いお子さんを育てているお母さんです。子供にはさみしい思いをさせたくない・・・気持ちのわかる親でありたい・・・と日々努力しております。

今回は、ワーク中に母親の口癖が思い出されてきました。「私は心の奥の方に、いつ自分が居なくなるかわからないのだから・・・3.11の大地震のときもいつ、こういうことがあるかわからないのだから・・・やれるときにやらなくては・・・という気持ちが一瞬よぎる。「そういえば、母親から「あなたがそういうなら、私なんて居なくてもいいでしょ」といわれていた。」

「今までこの言葉がこんなに悲しいとは思っていなかったが」と涙がとまりません。こどものAさんは、自分が本音を言ったら母から見捨てられるかもしれない、という恐れを感じていたのかもしれない。それを感じないようにしていたんだと気づいていきました。

幼いころから頑張り屋で、その時々でできることに挑戦して努力をしてきた。いつも何かやらなければと思っていた。「私は本音を言って、相手にわかってもらいたい。そして相手の本音もききたい」私のやりたいことはこれなんだ。何かを頑張るのでは、ない。お互いに本当の気持ちが言える関係を求めて続けているだけなのだ。頑張っている私の心の奥底に母のことばがあったんだ・・・とびっくりして帰られました。

 

               フィールドクリエイター 福田京子





トップページへ
ページ上部へ