マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

我慢からの脱出2017.05.19

info_eyecatch_pl

 子どもは親から丸ごと愛されたいと心から求めています。本当の気持ちを言ったら親の機嫌が悪くなると思うと、もう何も言えません。ぐっと我慢をして親の気に入るようなよい子になって生きるしかないのです。本当は嫌なのに「嫌だ!」と言えない辛さは大変なものです。子ども時代、自分がいっぱい我慢をすることが当たり前のことになっていて、大人になっても自分が我慢していることに気付いていません。そんなとき身近で本音を言っている人や、本音をいう子どもに「なんでこんなことをがまんできないの」と怒りが出てくることがあります。我慢は抑圧された自分の感情ですから、きっかけがあると、爆発的に外に出たいのです。

そういった親の感情のはけ口にされる子どもはたまったものではありません。その子どもが親になると、無意識に親と同じことを繰り返してしまうものです。どこかで気付いて抑圧された感情を解放していかない限り、我慢は親子間で連綿と連鎖していってしまいます。マインドフルネス・セラピーはこの抑圧された感情に寄り添っていきます。

身体の筋肉や骨の内にこの我慢は蓄積されておりますから、身体はこわばっているはずです。安心のあるところでそれを出してあげましょう。「我慢」は体調不良の原因にもなってしまいます。自分の正直な感情にフタをしないことは自分を大切にすることです。もしもあなたがこんな感覚があるとしたら・・・

①必要以上に小さな失敗を恐れる。

②必要以上に頑張る。

③ネガティブな感情を嫌い、強がったりする。

④自分の怒りを無意識に人にぶつける。待てない。

⑤人と繋がれない。人の話が聞けない。

⑥心の深いところにあきらめ感が横たわっている。

 

ご自分と向き合ってみませんか。「我慢」から解放されると心も身体もゆるんで楽になってくることでしょう。

 

           フィールドクリエイター 福田 京子





トップページへ
ページ上部へ