マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

自分を出す2017.07.07

info_eyecatch_pl


 自分を出すということは、相手からの言動に対し今まで言えなかった出来なかった自分の気持ちを相手にぶちまけることではないと思う。

それをしたからといって、必ずしもスッキリするわけではない。

その言えない、出来ない気持ちの本質を理解しないと

言えたのに何故スッキリしない?
出来たのに何故スッキリしない?
「何故?」「何故?」のワナにはまってしまう。

その本質とは「言えなかった、出来なかった奥にある気持ち」であり、その気持ちを知るためには「相手の言動で揺れ動いた気持ち」を受け止め、自分の反応をみることである。

自分の反応とは、自分の体の中で
「胸が苦しい」
「お腹が重たい」
などといった自分の体に出た反応である。

この出た反応は、過去と直結している場合が多く、この反応を感じることにより見たくなかった、思い出したくなかった過去があぶり出されたりもする。

しかし、それこそが自分の本質であり
自分を出す
ということに繋がる。

何が言いたいのかというと、
自分を出す
ということは
自分の本質を知ることではないかということである。

自分の本質を知り、生き辛くしていたものと手をつなぐ。
決して簡単ではないが、やる価値は大いにある。

自分の真の人生を歩むために。

 

                 フィールドクリエイター 篠田 信暁





トップページへ
ページ上部へ