マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

自分自身を知る第一歩2017.07.18

ベーシックコース

 

 自分には今小学生の子どもがいる。子どもとこうして一緒に楽しく遊べるのは、今の時期だけなのかもしれない。という思いが常にある。5日間仕事をし、土・日は子どもと過ごそうと心がけているが、その心がけの背景には自分の子どもの頃の思い出があるんだな・・・と今日はじめて実感した。自分の心の下の方には親と楽しく遊びたかった。甘えたり、ふざけたり、いろんなことを教えてもらったり、笑ったり、泣いたり、うまくいった時にはみんなで喜び合ったり、失敗してしまったときには、みんなでがっかりしたり、がっかりの中から、そうだ、こうすればいいんじゃない。今度はこうしてみるよ。こうやったらうまくいく気がしてるんだよ。「そうだね~」お父さんこうしてよ。お母さんこうしてみてよ。「そうだね。やってみるよ」だけど・・・「口出したり、手出ししないでよ。自分でやりたいんだから・・・見ててよ。側に一緒に居てよ。見ててよ・・・一緒に笑っていてよ。・・・」

自分の無意識のなかにはいろんな気持ちが入っている気がした。まさかと思われるでしょうが、自分自身がわかってくるとおのずと人間関係が改善されてくるのです。現実の困りごとを現実で解決していこうとしても、なかなかうまくいかないものですが、一旦、無意識のなかの自分に問いかけていくと、自分自身の内面に自分にぴったりの答えが見つかるのです。

しかし、この一連の作業は一人ではできないのです。フロイトやユングや禅僧の方々もみんな、親身になって話をきいてくれる人がいたのです。その人に聞いてもらいながら、自分で自分自身を少しずつ知っていったのです。マイセラはあなたの存在を丸ごと肯定してくれる人がいて、ひたすら話を聴いてくれる人が居るのです。そういう安心なスペースなのです。

マイセラのワークでは、無意識の自分と出会い、対話して気づきを得ていきます。この方は日々の自分の行動の下には、今まで一度も感じたことのなかったこういう自分のいのちの欲求があったことに気付き、驚いておられました。自分が親に対して、こうしてもらいたかった思いが、現在の自分が生きていく原動力になっていることがわかり、腑に落ちたようでした。こうして人間の根底には自分の存在を丸ごと受けとめてもらいたいという強い欲求があります。たとえこの欲求が満たされていなかったとしても、絶望することはないのです。むしろ、満たされていなかったからこそ、満たしたいという強い欲求となって現実形となって、目に見える形で現れてくるのです。

もしもあなたが、今親へのわだかまりがあるとしたら、それは自分の「いのち」が何を求めているのかを知る大切な糸口です。自分自身を知る第一歩となることでしょう。

                   フィールドクリエイター 福田 京子





トップページへ
ページ上部へ