マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

ブログ(11月13日)2017.11.13

info_eyecatch_pl

 このところ、私は自分のワークをブログに書いてきました。

 

 手塚郁恵さんに出会って以来、ずーっと自分のワークをしているのですが、まだまだ尽きることがない・・・というのが最近の心境です。尽きるどころか、深みにはまっていっている・・・と、言った方がしっくりします。逆に言えばワークが面白くて仕方がないということです。

 

 私は日本の伝統芸能である能楽が、なんだかとっても好きなのです。どうしてなのかわかりませんが、高校3年の修学旅行で奈良に行ったとき、お小遣いの大半を遣って、能装束の一刀彫の人形を買ってきました。今も大切に持っているのですが、この何だか分からないけれど能好きな感覚と、ワーク好きの感覚は同じ匂いがするのです。特に、ワークに入っていくときの、今のネガティブな感覚から、普通の意識の記憶ではなく、無意識の中に隠されている身体の記憶が甦ってくる感じが、たまらなくワクワクするのです。

 

 能でも、最初は今のネガティブから始まって、にわかに時雨が降ってきたりして、いつの間にか今が昔になっていくのですが、無意識の世界に入っていくところの時間の歪み具合が実に絶妙なのです。ここで、ぐいとこころを捉まれるわけです。そこから人知の及ばない世界に入っていくのですが、セラピーも無意識の世界は知識の及ばないところなので、感覚にゆだねていきます。

 

 このセラピーと能との関係性は、私の個人的なテーマであり、両方が食べることよりも何より好きなのですから、これからも個人的に深めていきたいとおもっております。

 

                    フィールドクリエイター 福田 京子





トップページへ
ページ上部へ