マインドフルネス セラピー 自分を信じるレッスンのマイセラ・ジャパン

トップページへ
マイセラ・ジャパン
お問合せ
お気軽にお問合せご相談下さい。




書籍のご案内 ベーシックコース1・2

マイセラブログ

「怒り」2018.09.06

 「うっ」と違和感を感じた時、あなたはどうしてますか?

そのまま流してなかったことにしたり、すぐに、目の前の人に「怒り」として出してしまったりしていませんか。

 

 怒りとして浴びせられた側は、たまったものではありません。意味もわからず、怒りをぶつけられれば、心も身体も傷つきます。怒りを出す人は、一方的であり、すぐ興奮するので、顔は怖いし、声も荒々しく大きくて人をたちまち恐怖に陥れてしまいます。

 

 一般的には、怒りはよくない感情として、出してはいけないものとされています。

 

 しかしマイセラには「怒りのワーク」というのがあります。生育の過程で抑圧されてきた怒りの感情を安全安心の環境の中で出すことができるのです。

 

 溜まり切った怒りがある程度出た後には静寂が訪れます。この静寂は宝箱のようなものです。その方の「いのち」を信じて待っていると、やがて、『そうだ、目の前の人に対して怒っているんじゃない。自分の存在を自分が軽んじていた行為に対して嫌だったんだ』と違和感の意味がわかってきて、気が晴れることがよくあります。

 

 「怒り」は相手に出すものではなく、自分への大事なメッセージなのです。

 

             フィールドクリエイター 福田京子





トップページへ
ページ上部へ